病気の治療方法を紹介

聴診器とハート

まずは治療方法を確認する

咽頭がんを治療する方法はさまざまです。病気の進行状況などによっても治療方法が大きく変わるので、どのような治療ができるか事前に確かめておきましょう。医師によっては患者の意見を尊重することもありますし、丁寧な説明をしたうえで治療することもあります。

痛みのない放射線療法はかなり便利

昔は咽頭がんを治療する際、体にメスを入れて直接切除していましたが、最近では医療技術が発達してきているので、痛みを伴わないで治療ができます。放射線療法であれば放射線を体にあてるだけで、がん細胞を死滅させてくれるでしょう。

抗がん剤を使用した化学療法

がんの進行状況にもよりますが、化学療法で治療する場合もあります。抗がん剤は副作用が発生して苦しい思いをすることもありますが、効果はかなりあるので期待できます。最近では放射線療法と併用して行われる場合も珍しくないです。

最終的には外科療法で治す

放射線療法と化学療法を使用して治療をしても、場合によっては少しだけがんが残ってしまうこともあります。残ったがんをそのままにしておくと意味がないので、外科療法で取り除きます。手術は麻酔をして行われるので、痛みを伴わず安心です。

咽頭がんに関する口コミを紹介

放射線療法は思っていたより安心でした

放射線と聞いて少し不安になりましたが、安全な放射線と聞いて安心しました。手術は痛みが全くなかったので、辛い思いをせずに済んだのです。少し治療費が高くなってしまいますが、個人的には満足できたと思います。

病院探しに時間をかけて正解でした

治療に失敗したくなかったので、慎重に病院を探しました。時間をかけすぎてしまうと症状が悪化してしまうので、なるべく早く探したほうがいいのですが、自分が満足できる病院を見つけたほうが絶対にいいです。自分なりに、いろいろなところから情報収集して調べることをおすすめします。

治療方法を詳しく調べておいて安心

どのような治療方法があるのか全くわからなかったのですが、自分で調べることで治療方法がわかりました。事前に調べておいたおかげで、医師に自分がやりたい治療方法を言うことができ、満足できる治療をしてもらえました。

チーム医療で取り組んでくれました

アメリカでは一人の患者に対して、複数人の医師や看護師で治療をするチーム医療というのが一般的なようです。各専門分野の人たちが治療をしてくれるので、医師が一人のときに比べて安心できますし高度な治療を受けられるみたいですね。日本でもこのような治療をしてくれる病院があると知って、私はそこで治療を受けました。専門家がいることで、より安心して治療を受けられましたよ。

できるだけ副作用が少ない治療をしてくれました

咽頭がんを治療するときは抗がん剤を使ったりするので、少なくとも副作用が発生してしまうんです。でも、放射線療法であれば副作用が発生しないので、安心して治療に臨むことができました。私から言えることは、なるべく患者が求めている治療方法を実践してくれる医師を選びましょう。

広告募集中