がんになる原因とは

病院

タバコによる喫煙で発症しやすくなる

さまざまな病気の原因となるタバコですが、咽頭がんになるリスクがなかり高くなります。理由としてはタバコによる煙が喉を通るので、その際に発がん性物質が付着するからです。特にヘビースモーカーの人は注意が必要になります。

過度な飲酒も発症の原因

お酒は適度であれば体にいいのですが、大量に摂取してしまうとさまざまな病気を引き起こします。普段からたくさんお酒を飲んでいる人は、なるべく控えたほうが良いでしょう。喫煙もしている人であれば咽頭がんの発症率が高まります。

ウイルスによる感染にも注意が必要

健康的な生活をしていてもウイルスによる感染で発症する場合もあります。ウイルスの名前はヘルペスウイルスの仲間である、EBという種類だそうです。人から人に感染するので、普段から感染しないように対策をとるといいかもしれません。

女性で貧血症を持つ人は危険

咽頭がんは男性で発症する可能性がかなり高い病気ですが、最近では女性でも発症する人が増えています。貧血症を持っている女性は、そうではない女性に比べて発症率が高いと言われているそうです。冷え性などの人も注意したほうが良いでしょう。

広告募集中